SSブログ

『キングスマン』を観てきた!? [映画]

『キングスマン』を観てきました。(ネタバレアリ)

「ブリジッド・ジョーンズの日記」ではありえない柄のセーターを着ていたコリン・ファースが今回は紳士として高級スーツを着こなしていました。あの頃は、彼もコリン星人なんだろうなぁ~と思っていたあの彼が!。(それって名前だけでしょっ;;)
高級テーラーに働いているとみせかけどこの国にも属さない、独立系諜報機関で重宝されてました。
なにより、防弾機能つきの高級スーツを着こなしているんですヨ(^^)v

おいらてっきりコリン・ファースが主演だと思っていたら、、、、結構途中から「ほったらかし」でした。絶対彼は
本当は生きているんだろうなぁ~、、、最後は彼が助けに現れるんだろうなぁ~・・・と思いきや、途中でお役御免でした。
まぁある意味、そこからが、若い二人の活躍の場です。「あとは、若いものたちだけで・・・」とお見合いの終盤のようなセリフがよく似合うシチュエーションでしたネ。

で、その若い者たち二人は、正式なキングスマンのロキシー役ソフィー・クックソンとエグジー役のタロン・エガートン君。ロキシーちゃんはアクションシーンが多く正装はなかったですが、エグジー君はスーツに着られている感じの七五三スーツ状態が初々しくてよかった。コリン・ファースがよく似合うメガネも似合ってませんでしたね(^^) 今回私初見のお二人は今後活躍するんでしょうね~(^^)v

そもそも、今回素晴らしいと思ったのが、スパイ映画の王道である、科学的小物が随所にちりばめられておりとても楽しめる内容となっていたことが一番楽しめる要因として大きいと感じた。なんでしょう、このわくわくする感じが物語の進展とともに増していくんですよね☆

キャストとしての見どころは、、
まずキングスマンの親玉アーサーのマイケル・ケイン。バッドマンに仕えたあの爺やが親玉です。最近の彼はいい人ブリを逆手に取って実は黒幕とか実は悪者みたいなのが多いです。今回も裏切ってもらいました!でも死に方がしょぼかったなぁ~大物にふさわしい死に方をしてほしかった。

そして、IT長者のサイコ君リッチモンド・ヴァレンタインに、サミュエル・L・ジャクソン。彼は比較的印象よさげな役柄が多いのに、今回はイカれたサイコな感じがとてもよく出ていた。なんでもできちゃう名役者ってことがわかりました。

あとは、最初だけでしたがアーノルド教授役にマーク・ハミル。最初に出てきたのですが、縛られているのですが、なんで「フォース」を使わないのだ!と何度も心のなかで叫んでしまったヨ。(妄想甚だしい!)

義足の暗殺者であるガゼル役のソフィア・ブテラ。足技はすごかった。南斗六聖拳の白鷺拳のシュウばりにすごかった。だってあの登場シーンはまさに南斗聖拳の切れ味ですものネ(^_-)-☆
そういえば、今作品もチップで「ひでぶ!」や「あべし」なシーンは、北斗の拳に習って絶妙な表現で表していましたね(^^)v

さいごに、、、スウェーデン王女役のハンナ・アルストロムさんのサービス映像はよかった!一瞬でしたが。
これって、、GANZの夏菜に匹敵する美尻(@_@) デシタ☆

コリン星に召されたコリン・ファースはもういませんが、続編期待です(^^)v

公式サイト:http://kingsman-movie.jp/

nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(7) 

nice! 12

コメント 6

TaekoLovesParis

cocoさんの記事も、「キングスマン」!コリン・ファースのコミカルなところが好きなので、見なくては!です。
by TaekoLovesParis (2015-09-14 08:20) 

coco030705

こんばんは。
面白かったですね、続編があるのかしら。楽しみです。コリン・ファースってなかなかのチャレンジャーですねぇ!

by coco030705 (2015-09-14 21:00) 

コザック

>TaekoLovesParis さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
コリン・ファースよかったですよ。紳士なんだけど、ちょいちょいユーモアもあり、何より英国紳士たるもの・・・みたいな心意気と新しい感覚が秀逸でした。
是非劇場で観てきてください。スパイ映画というよりは、正義のためにエージェントになりきれるかっ!て作品なのでスッキリな観ごたえでしたよ☆

>coco030705 さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
よかったですね~面白かった!
続編作ってほしい気もするが、コリン・ファースが出ないならちょっと興味半減。
彼は、けっこうなお歳なのにチャレンジ精神がすごいですね。
このために身体ビルドアップしたのもすごい!

by コザック (2015-09-14 23:47) 

きさ

スパイ映画は好きなので楽しく見ました。
コミックの映画化だそうですが、ヴォーン監督らしくかなり毒の効いた話ですね。
主演のタロン・エガートンは新人でこの作品で抜擢。
義足の女殺し屋、ガゼルを演じるソフィア・ブテラの印象が強烈。
コリン・ファースももちろん好演、サミュエル・L・ジャクソンが悪役を楽しそうに演じてます。
主人公らを鍛えるマーク・ストロングが後半大活躍でいつもながら良かった。
マイケル・ケインが重厚な演技で重みを見せますが、意外な展開に。
教授役はなんとマーク・ハミルでした。
新作SWでルークとして復活するのでこれから出演作が増えるかな。
余談ですが、ヴォーン監督、再映画化される往年のTVシリーズ「ナポレオン・ソロ」のロバート・ヴォーンの息子だと言われていたそうです。
後に実はロバート・ヴォーンの子でなく別の英国貴族が父だと判明したそうですが。
by きさ (2015-09-18 22:35) 

non_0101

コリン・ファースはあれだけの活躍をしていたので、展開にはビックリしました~
コリン星に行ってしまいましたね~
でも、あのカッコいい映像はきっと続編が創られたら登場するかも(^^ゞ
by non_0101 (2015-09-20 23:06) 

コザック

>きささん
nice!コメさんきゅ(^^)/
本当にスパイ映画としてワクワクする要素がたくさんありましたね。
ガゼルの彼女は最初にとってもすごい印象与えてくれました。
今後たのしみですね。
マーク・ハミル!年末に向けてテンションあげてるんでしょうね☆

>non_0101さん
nice!コメさんきゅ(^^)/
たしかに(^^)
主役だと思っていたのにネ、きっとコリン星に行ってしまったんですヨ(^^)
最初にみせたあのパブでのかっこいいやり取りは見逃せませんよね
。続編ではコリン星から帰ってきてほしいものです☆
by コザック (2015-09-20 23:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。