So-net無料ブログ作成

ポーラ美術館で「印象派、記憶への旅 モネ、ゴッホ、マティス、ピカソ・・・。」展を観てきた!? [美術館]

ポーラ美術館で「ポーラ美術館×ひろしか見術館 共同企画 印象派、記憶への旅 モネ、ゴッホ、マティス、ピカソ・・・。」展を観てきました。

DSC_4157 (520x293).jpg

年に一回仕事で近くまで行くので、帰りに立ち寄って観た。
けっこう楽しみにしていた展覧会。
近くに来るのを待っていたのでスーパー満足でした☆

DSC_4115 (520x293).jpg

企画展は、2フロアに分かれていて、地下1階の第一会場は[カメラ]撮影自由。

基本的には、同じ画家の作品で似たイメージのものをポーラ美術館とひろしま美術館のものを並べて展示しています。それだけでワクワクしますよね(^_-)-☆

Ⅰ 世界のひろがり ー 好奇心とノスタルジー
Ⅱ 都市への視線 ー パノラマとポートレート
Ⅲ 風景のなかのかたち ー 空間と反映

シスレーの「サン=マメス」
DSC_4130 (520x293).jpg

モネの「セーヌ川の朝」これは、、誰もが足を停めましたね。
この朝焼けの美しさ水面に対称的にうつる朝焼け。息をのみます。
DSC_4138 (520x293).jpg

Ⅳ 風景をみたす光 ー 色彩と詩情

モネの「睡蓮の池」ポーラ作品だけど何度見てもいい。
DSC_4141 (520x293).jpg

作品ごとに背景を鮮やかなものに変えているのがステキな演出です。

アンリ・ウジェーヌ・ル・シダネルの3作品。
DSC_4149 (520x293).jpg
三本のバラは素敵すぎました。

ここでラストオーダになるので、遅い遅い昼食。
この日はレストランです。ここはどうしても香草焼きを食べたくなる。

DSCPDC_0001_BURST20190620154611645_COVER (520x293).jpg
DSC_4152 (520x293).jpg
DSCPDC_0002_BURST20190620160346852 (520x293).jpg
DSC_4154 (520x293).jpg

おなかも膨れて、鑑賞再会。

地下2階の第二会場
Ⅴ 記憶への旅 ー ゴッホ、セザンヌ、マティス
こちらは写真なし。
話題のゴッホの「草むら」が展示。額がはずされていました。

とてもシナプスを刺激される展覧会でした。
あー、このあと続くひろしま美術館のほうも行ってみたいなぁ。


常設の「ポーラ美術館の絵画:日本の洋画」も名作ぞろいでゆっくり堪能できました。

公式サイト:https://www.polamuseum.or.jp/sp/ilm/


==おまけ==

その1、
箱根の美術館手前でイノシシの親子に出くわしました。
猪突猛進されるといやなので刺激しないように通り過ぎました。

DSCPDC_0003_BURST20190620142655253_COVER (520x293).jpg

その2、
今回いつものようにカフェに行かなかったのは・・・
その前に立ち寄ったカフェで富士山モンブランを食していたから。

DSC_4076 (520x293).jpg
DSCPDC_0001_BURST20190619155705711_COVER (520x293).jpg

本当に素敵なカフェで、晴れていればこのテーブル越しに富士山が見えるのだそうです。

DSC_4063 (520x293).jpg
DSC_4072 (520x293).jpg

そうそう片隅に展示の絵画もすばらしくて、店の雰囲気にすごくマッチしていた。

DSC_4059 (520x293).jpg
DSC_4070 (293x520).jpg

帰りに店員さんに聞いていみたら、中国の画家でティンシャオカンさんの作品。
ベトナムとかでこの画風の作品を多数手に入れてきたのだそうです。
見たことある作風だったけど、全く知らんかった(^^;

初老のオバサマ二人で営んでいるようでした。とても感じがいいお店だった。

DSC_4057 (520x293).jpg

函南「Tea & cake 遊」といふカフェでした。。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート