So-net無料ブログ作成

市原湖畔美術館 で「夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界」展を観てきた!? [美術館]

市原湖畔美術館 で「夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界」展を観てきました。

以前から行ってみたかった、高滝湖の湖畔にある市原湖畔美術館。
アクアラインから行くのが楽なんだけど、夏休みシーズンは大渋滞なので、館山道経由。
ちょうど、外環からのアクセスもよくなったので意を決して行ってみた。

晴れ予報のはずだったで、バイクを走らせたが、途中で豪雨に遭遇。
たまらなく高速を下車、料金所の高架下で雨宿り。雨具持たずに来てしまった;;

高滝湖PAの展望台から観た湖畔美術館。

DSC_0453 (520x293).jpg
DSC_0460 (520x293).jpg
IMG_1648 (520x390).jpg

オラわくわくすっぞ~☆

次でICを降りて、到着。

IMG_1653 (520x390).jpg

めっちゃ素敵な美術館だ。

今回はロシア現代アートということです。企画展示は写真自由。

IMG_1656 (520x390).jpg

今年はソビエトの月探査機が月の裏側の撮影に初めて成功してから60周年、アメリカによる人類の月面着陸から50周年にあたるそうで、これをリスペクトした宇宙の表現をロシアの現代アートで親しもうという企画。

IMG_1669 (390x520).jpg
IMG_1658 (520x390).jpg

館内の外側には、展望台とレストラン

DSC_0467 (520x293).jpg

併設のレストランは、イタリアン。窯を持つピザやさん。

DSC_0466 (520x293).jpg

開店と同時に来店。このあと続々お客さんきて、すぐにいっぱいに。

DSCPDC_0000_BURST20190812112234657 (293x520).jpg

おいしかったぜ!

DSC_0469 (520x293).jpg

館内全体が趣向の凝らしたものになっており楽しめます。

IMG_1698 (520x390).jpg
IMG_1705 (520x390).jpg

眺めは最高です。
展望台からの一コマ。

IMG_1737 (520x390).jpg

ウユニっちゃう絵も撮れる。

IMG_1727 (520x390).jpg

湖畔にもオブジェが展示されている。

IMG_1713 (520x390).jpg
IMG_1718 (520x390).jpg

楽しいひとときでした。また行きたい。

公式サイト:http://lsm-ichihara.jp/exhibition/russia

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

『ダンスウィズミー』を観てきた!? [映画]

『ダンスウィズミー』を観てきました。

矢口史靖が監督・脚本を受け持つということで、なんとなく話は読めるのですが、今回は催眠術にかかって音楽が鳴るのを聞くと勝手に身体がミュージカル風に歌って踊りだすというもの。

主演の静香に三吉彩花さん。彼女の声の高さ歌ウマなところがステキでした。背も高いし、演技がもう少しうまくなれば、世界に通用する女優さんになるのではないでしょうか。

催眠術をかけたマジシャンを探す元仕込み娘にやしろ優。おデブちゃんですが、キレキレのダンスを見せてくれた。

途中で旅を共にすることになる街のシンガーにchay。「ウェディング・ベル」を地でいき、本当に結婚式に殴り込み唄ってしまうところが面白い。修羅場をもっと描いてほしかった。

そしてマジシャンに宝田明。もうピッタンコ。インチキ臭いところとか、実は実力者のところとか、キャラにぴったし。

探偵に、ムロツヨシ。イケメン上司に三浦貴大と脇を固める役者もすばらしい。

短い時間だったが、矢口ワールド全開でハラハラ・笑わせてくれた。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dancewithme/
nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

Bunkamura ザ・ミュージアムで「みんなのミュシャ」展を観てきた!? [美術館]

Bunkamura ザ・ミュージアムで「みんなのミュシャ」展を観てきました。

かれこれ1カ月経ってしまい、だいぶ忘れ気味。

私のあまり行かない魔界都市渋谷。こんなにビルあったっけ?

DSC_0138 (520x293).jpg

幼少のころはあんなに遊んだのに今じゃホント魔界都市。
この日は猛暑の日だったから、たどり着くまでにヘロヘロさ。
近くに用事さえなければ、絶対に立ち寄らない都市だ。

DSC_0107 (520x293).jpg
DSC_0137 (520x293).jpg

構成はこんなかんじ。

1.ミュシャ様式へのインスピレーション
2.ミュシャの手法とコミュニケーションの美学
3.ミュシャ様式の「言語」
4.よみがえるアール・ヌーヴォーとカウンター・カルチャー
5.マンガの新たな流れと美の研究

今回のミュシャは、スラヴ叙事詩的な作品はなく、アール・ヌーヴォの旗手としての彼の足跡と作品様式、彼に影響されたアーティストたち。そして最後に日本のマンガに与えた影響などがメインでした。渋谷という土地柄もあり、そういったポスター作品を中心とした感じの展示となっていました。

撮影OKなスペースもあり盛り上がって今いたよ(^_-)-☆

DSC_0133 (520x293).jpg

DSC_0134 (520x293).jpg

DSC_0122 (520x293).jpg

「Q型方式」、、そういえばこの構図はたくさんあるしなんかいい感じに見える☆

DSC_0109 (520x293).jpg


公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_mucha/

すみません。。だいぶ忘れちゃってた。
それだけ印象に残るものではなかったということでしょうか。

あ、これが一番印象に残った。(^^)

IMG_1739 (520x390).jpg

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

諸橋近代美術館で「四次元を探しに ダリから現代へ」展を観てきた!? [美術館]

諸橋近代美術館で「【開館20周年記念展 vol.2】四次元を探しに ダリから現代へ」展を観てきました。

今年も夏しか開かない諸橋近代美術館に行ってきました。
途中豪雨にあったりと、バイクだったのでかなり凹み気味。

DSC_0173 (520x293).jpg
DSC_0178 (520x293).jpg

遠景も綺麗。最近はテレビでもCM流していますもんね(^_-)-☆

DSC_0185 (520x293).jpg

まずは、慌てない慌てない一休み一休み。

DSC_0180 (520x293).jpg
DSC_0182 (520x293).jpg

だいぶグッタリしちゃって眠りそうになったので、鑑賞。
ここに来るときは去年もそうだけど、着くと疲れがどっとでます。

展示はこんな感じじゃ。

1.偏執的心象風景
2.多重的形象の世界
3.不可視的領域への眼差し
4.神秘的波動を読む

ダリの作品を上のようにカテゴライズし、そのDNAを引き継いだ現代の作家たち11人の作品とともに展示するという試みじゃ。

現代アートとのコラボは室内を不思議な感覚にしてくれます☆

公式サイト:http://dali.jp/exhibition#link01


あ、翌日は一度観たかった「さざえ堂」にいってきたよ(^_-)-☆

DSC_0292 (293x520).jpg

券買のおねいさんに「1周どれくらいで回れますか?」と聞いたら、「2,3分ですよ。」と淡泊に答えてくれましたさ☆
DSC_0282 (520x293).jpg

DSC_0286 (520x293).jpg
水がきれい。
DSC_0297 (520x293).jpg

大内宿も行ったよ。。このあとかなりヤバイ大雨にあった凹
DSC_0311 (520x293).jpg
DSC_0326 (520x293).jpg
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

『天気の子』を観てきた!? [映画]

『天気の子』を観てきました。

初日だったからか、その週末に台風がきているからか、天気予報気になる系な人たちでにぎわっていました。

物語は、「君の名は。」みたいな感じ。ではないけれど、なんだろう新海誠監督は、オトナには描けない子供の時に感じた社会に対するオトナに対するやるせない感情を忘れずに映像化するのに長けている感じがします。

ローティーンの家出物語。銃を拾って、新規事業を興して、不思議体験して、恋愛して、命がけで守って、、、、。色んな要素が114分のなかに入っているんですもの(^_-)-☆

公式サイト:https://tenkinoko.com/


・・そしてこれを観て私は、台風の消滅を待って旅にでたのだ(^_-)-☆

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

『ワイルド・スピード スーパーコンボ』を吹き替えで観てきた!? [映画]

『ワイルド・スピード スーパーコンボ』を観てきました。

今年の真夏はマイケル・ベイもいないし、映画でスカッとできるのはこれかなぁ~と思って観てきました。

もはや最初のワイルド・スピードの作品感はどこにも見え隠れしません。ビン・ディーゼルもジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲスもいません。今回はジェイソン・ステイサムとドウェイン・ジョンソンの濃いめの酎ハイという感じ。しかもお目目パッチリ系のかわい子ちゃんバネッサ・カービー(ジェイソン・ステイサムの妹役)とドウェイン・ジョンソンがブチューっといっちゃうから観てらんない(^_-)-☆

数少ないが名車の数々は、マクラーレンと我がトライアンフ。なぜかスピードトリプルは、電動バイクのような音で彩られていました。時代のながれでしょうかね(^_-)-☆

ジェイソン・ステイサムが名車に乗ると、「トランスポーター」なんじゃない。売れ筋映画に乗り換えかい!?

まぁストーリーなんてどうでもいい作品だし、そこそこスカっとしましたさ☆

あ、それとアベンジャーズが終わったと思ったら、マーベル商法を真似してエンドロールに次につながるエピソードがたくさんちりばめられていました。最後まで席を立たないように。

公式サイト:https://wildspeed-official.jp/

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

笠間日動美術館で「写実絵画のいまむかし」展を観てきた!? [美術館]

会期は7月28日までともう終わってしまった展覧会ですが、笠間日動美術館で「写実絵画のいまむかし」展を観てきました。

この日は、6月からつづく土日の荒天から唯一解放された日ということで、バイクを走らせとんぼ返りしてきた。夕方からは雨予報だったのでアメッシュとYahoo雨雲をにらめっこして行ってきたさ。

最近、ホキ美術館の影響で写実作品カブレしていることもあり、どうしても終わってしまう前に行きたかった展覧会。

構成はこんなん。

第一会場 現代の写実
・女性像
・スーパーリアル
・風景
・ヌード
・伝統
山本大貴、島村信之、森本草介、上田薫など、有名な写実画家の作品が2,3点解説付きで展示。

DSC_4294 (520x293).jpg
DSC_4295 (520x293).jpg

森本草介の作品が撮影OKとなっているのは珍しく思わずパチリ。

DSC_4282 (520x293).jpg


第二会場 近代の写実
・写実画家の自画像
・技術
・五姓田一家
・美術

高橋由一の鯛
DSC_4302 (520x293).jpg

渡り廊下のカフェでひといき。
DSC_0001 (520x293).jpg

緑が映える。

DSC_0002 (520x293).jpg

階段のところも花壇が整備されていました。
DSC_0006 (520x293).jpg

全部で63点と少ない展示であったが、普段見られない写実絵画を並べて鑑賞できるのと、近代と現代の写実のアプローチの違いを堪能できたよ。

公式サイト:http://www.nichido-museum.or.jp/exhibition_archive_1905.html


==おまけ==
近くのカフェ「海のふた」というところで一休みとランチ

DSC_0034 (520x293).jpg

栗のパフェ~これが目的だったりして(^_-)-☆
DSC_0036 (293x520).jpg

帰りはちょっと早めに到着した雨との競争でなんとか帰宅☆

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」をBlu-layで鑑賞☆ [music]

やっと鑑賞できた。
発売日から一か月!やっとのことで配送されてきたが、6月から続くバタバタもあり、受取るのに1週間、開封するのにまた1週間とやっとのやっと観ることできた。



衣装もダンサーも又吉とのトークも。。
何より、ライブ中のトークが最初のライブから比べるとすごくうまくなっている。
無理している感じがなく、自然体。そう!まったくの自然体なところが、観衆をも自然にライブに参加している雰囲気にさせてしまっている感じが伝わってくる。

このまま、まだまだ素晴らしい作品を世の中に送り出してほしい。
そして、いつまでも憧れの存在でいてほしいです(^_-)-☆

公式サイト:https://www.universal-music.co.jp/utada-hikaru/
      http://www.sonymusic.co.jp/artist/utadahikaru/


※同じ内容のBlu-LayとDVDが封入されており再生機器による差をなくしてくれています。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽