So-net無料ブログ作成

宇都宮美術館で「蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―」を観てきた!? [美術館]

宇都宮美術館で「蜷川実花展 ―虚構と現実の間に―」を観てきました。

体調よくなくて、おバイク休んでいたのですが、長距離はこの日に復活すると決めていた。
なぜって、蜷川実花の展覧会、どうしても初日に行きたかったんですよ~☆

ここのエントランスはいつも素敵。

DSC_0358 (520x293).jpg

DSC_0367 (520x293).jpg

天井も素敵。

DSC_0397 (293x520).jpg

写真撮影のできる桜のお部屋。
床までいっぱい桜だから映える。

DSC_0370 (520x293).jpg

次のお部屋。これぞ蜷川実花といわんばかりの、鮮やかな花々の数々。

DSC_0383 (520x293).jpg

DSC_0393 (293x520).jpg

DSC_0395 (293x520).jpg

これらの作品は、まさに「 蜷川実花は、神・我が名に! 」(回文)という感じ!!

この次のお部屋は芸能人やらスポーツ選手などを撮影した《Portraits of the Time》
それが大画面のプリントで見れるものだから迫力がたまらん。
これは展覧会じゃないと感じられない。

あとは、父・蜷川幸雄の死の当日の話を写真とともに振り返る展示。
これはどこかで見た気がした。。


そのあとは、オキマリの森の美術館での森に囲まれたレストランで食事。
14時も過ぎて、スキスキスーな感じ。

DSC_0401 (293x520).jpg

なんだかわからんけど、めっちゃおいしかった。

この日は台風の過ぎ去った翌々日だったからか、宇都宮周辺の川という川は橋を渡る度にこんな感じでちょっと心傷んだ。

DSC_0419 (520x293).jpg

でも、蜷川実花の作品は間違いなく心躍らせる写真だ。みんなに見てほしい。


公式サイト:http://u-moa.jp/exhibition/exhibition2.html

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

原美術館で「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL展」を観てきた!? [美術館]

☆だいぶ溜まっちゃったんですこしずつアップしていきます☆

原美術館で「加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL展」を観てきました。

DSC_0324 (520x293).jpg

この方の作品は、一度観たら目に焼き付く。
力ず良いタッチと色使いで人をモチーフにくみたてていく。

DSC_0319 (520x293).jpg

DSC_0322 (520x293).jpg

DSC_0333 (520x293).jpg

閉館が発表されてから初めての鑑賞かも。
平日にいったのだけれど、そこそこの混雑具合。
特に、カフェは有閑マダム様たちの待ち行列があり断念。

あーー洋館での食事は、よう噛んでね(^_-)-☆ って言いたかったのに~☆


一部撮影も許されており、作品、というよりは、残り期間もあと1年ちょっととなるこの館の雄姿をとどめておきたくって。

お庭。
DSC_0318 (520x293).jpg

階段その1
DSC_0327 (520x293).jpg

階段その2
DSC_0339 (293x520).jpg

この都会の真ん中のオアシス的な洋館はどうなってしまうんだろうか。。

DSC_0347 (520x293).jpg

当日はバイクでいったのだけれど、駐車場はガラガラでした。

DSC_0315 (520x293).jpg

この素晴らしい佇まいの美術館に、あと何回これるんでしょうね~。。

公式サイト:http://www.haramuseum.or.jp/jp/hara/exhibition/701/

nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派」を観てきた!? [美術館]

東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派」を観てきました。

DSC_0290 (293x520).jpg

先日解説してくれたプロの方が、どんでもなくいい作品がたくさん来ているから絶対に見るべきと強く推していたので早めに行くことにした。忘れないうちにUPと、、もう半月経ってる;;

当日は、シルバーデー??ということで、ご老人の方々がたくさん。平日なのに朝早く来たのが裏目に出た。開館10分前に到着したのに、入館に30分近くかかってしまった;;

展覧会構成は次のよう。
 1.画家の言葉から読み解く
 2.時代背景から読み解く
 3.素材・技法から読み解く
作品点数は、60点ほどとかなり少ないが、、濃い!内容が濃すぎる。いくら観ても飽きない。

セザンヌやルノワール、モネの作品が多数ある展示は多いが、スーラが5点、マネが3点というのはなかなか出会えない。私ですら、スーラの展示の多さに感動するぐらい、すばらしい。

何より、展覧会の顔ともなっている「フォリー=ベルジュールのバー」このポスターとても欲しく、案の定あったのだが、変な感じで切り取られているポスターだったので断念。そして、今回マネの「草上の昼食」が観れたのが最大の収穫。ホンモノを観るのは初めてかもしれない。実物はソージョー(想像)以上でした。とても真似できない作品の品ぞろえだ!!

まだ時間があるのに平日でこの混雑。TVで紹介されたらどうなることでしょう。

DSC_0294 (293x520).jpg

あ、とても評判がよいので、久しぶりに図録を買った。
コンパクトで手頃なお値段のわりにかなり手の込んだ作りと内容になっている。
久しぶりにお得感を感じたヨ(^_-)-☆

公式サイト:https://courtauld.jp/
      https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_courtauld.html

==おまけ==
実家の目の前の海辺がとてもキレイだった。。。

DSC_0285 (520x293).jpg

DSC_0286 (520x293).jpg

DSC_0287 (520x293).jpg

ゲンソーテキ☆

nice!(4)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

東京藝術大学大学美術館で「円山応挙から近代京都画壇へ」展を観てきた!? [美術館]

東京藝術大学大学美術館で「円山応挙から近代京都画壇へ」展を観てきました。

その道のプロの方が解説していただけるということで、友人数人と行ってきました。(そんな訳で写真なし)

私の円山応挙の知識といえば、、、子供のころ読んでいた「なんか妖かい!?」で足のない幽霊を初めて描いたのは幽霊画で有名な円山応挙でそれ以降足がなくなった。。。。的な知識しかなかった。(近年それ以前より足のない幽霊が描かれていたことが判明)

そんな邪念多き知識しかない私が、円山応挙展にいくなんて!ちょっとは勉強しようと、芸術新潮をパラパラ観たが、漢字が多くて2分に熟睡(小学生かっ!)

全く知識がなくても、お話しが面白いとこれほどにも興味深く鑑賞できるものかと、、改めて感激。すごく知識もついた!!!(つもり)

メイン展示である、孔雀の間 円山応挙「松に孔雀図」ひとつとってもいろいろと経緯や歴史がありそれだけでも楽しめる。応挙の自然にたいする敬重もすごく伝わってくる展示となっていた。そしてその系譜なども興味深いものであったよ(^_-)-☆

藝大美術館なので、広さはそこそこなのだが、照明や展示にも非常に配慮されており鑑賞しやすい。惜しむべくは場所が上野公園の奥の方なので、すばらしい展覧会なのに週末でもそんなに客入りが多くないということ。(鑑賞するにはもってこいなのだが・・・)おそらく、巡回する京都では大行列となる展示であろう。

来週で終わってしまうので、その前に記事にしようと急いで書いた。
少し経ってしまったので、当日の丁寧な解説により芸術評論家の域まで高まった知識の9割9分9厘忘れてしまったことが悔やまれます;;

公式サイト:https://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2019/maruyama-shijo/maruyama-shijo_ja.htm
      https://okyokindai2019.exhibit.jp/

なんか妖かい!?(7) (少年サンデーコミックス)

なんか妖かい!?(7) (少年サンデーコミックス)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1984/02/18
  • メディア: Kindle版


芸術新潮 2019年 09 月号

芸術新潮 2019年 09 月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/08/24
  • メディア: 雑誌


nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

美ヶ原高原美術館に立ち寄ってみた!? [美術館]

墓参りのついでにというか、ヴィーナスラインを走って観たかったので美ヶ原高原美術館に立ち寄ってみた。(正直)

IMG_1766 (520x390).jpg

本当にいつぶりだろうか。。。35年ぶり・・・あれ?それだとマイナスになっちゃう(ウソ)

DSC_0222 (520x293).jpg

入ってすぐから、魅力的な彫像ばかり。

IMG_1764 (520x390).jpg

これ見て、あっフジテレビ。とつぶやいている人は、だいたい同年代。

DSC_0219 (520x293).jpg
IMG_1799 (520x390).jpg

レプリカ的なものから、現代作家さんのものまで、景色に溶け込んでいます。

IMG_1830 (390x520).jpg

ちょっと歩いて1時間すぐ過ぎちゃう。楽しく散歩できる広さでした。

IMG_1849 (520x390).jpg

高原ということで、すぐにガスってきちゃいます。
雲海が観たかったのだけど・・・。

DSC_0224 (520x293).jpg

公式サイト:http://www.utsukushi-oam.jp/gaiyou/


少し足を延ばすと、白樺湖があるが、混んでいたので女神湖へ。

IMG_1930 (390x520).jpg

ちょっとお散歩に一周歩けるくらいがいい感じ。

IMG_1941 (520x390).jpg

あれ、この景色・・・ひょっとして。。。。。東山魁夷???

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

市原湖畔美術館 で「夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界」展を観てきた!? [美術館]

市原湖畔美術館 で「夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界」展を観てきました。

以前から行ってみたかった、高滝湖の湖畔にある市原湖畔美術館。
アクアラインから行くのが楽なんだけど、夏休みシーズンは大渋滞なので、館山道経由。
ちょうど、外環からのアクセスもよくなったので意を決して行ってみた。

晴れ予報のはずだったで、バイクを走らせたが、途中で豪雨に遭遇。
たまらなく高速を下車、料金所の高架下で雨宿り。雨具持たずに来てしまった;;

高滝湖PAの展望台から観た湖畔美術館。

DSC_0453 (520x293).jpg
DSC_0460 (520x293).jpg
IMG_1648 (520x390).jpg

オラわくわくすっぞ~☆

次でICを降りて、到着。

IMG_1653 (520x390).jpg

めっちゃ素敵な美術館だ。

今回はロシア現代アートということです。企画展示は写真自由。

IMG_1656 (520x390).jpg

今年はソビエトの月探査機が月の裏側の撮影に初めて成功してから60周年、アメリカによる人類の月面着陸から50周年にあたるそうで、これをリスペクトした宇宙の表現をロシアの現代アートで親しもうという企画。

IMG_1669 (390x520).jpg
IMG_1658 (520x390).jpg

館内の外側には、展望台とレストラン

DSC_0467 (520x293).jpg

併設のレストランは、イタリアン。窯を持つピザやさん。

DSC_0466 (520x293).jpg

開店と同時に来店。このあと続々お客さんきて、すぐにいっぱいに。

DSCPDC_0000_BURST20190812112234657 (293x520).jpg

おいしかったぜ!

DSC_0469 (520x293).jpg

館内全体が趣向の凝らしたものになっており楽しめます。

IMG_1698 (520x390).jpg
IMG_1705 (520x390).jpg

眺めは最高です。
展望台からの一コマ。

IMG_1737 (520x390).jpg

ウユニっちゃう絵も撮れる。

IMG_1727 (520x390).jpg

湖畔にもオブジェが展示されている。

IMG_1713 (520x390).jpg
IMG_1718 (520x390).jpg

楽しいひとときでした。また行きたい。

公式サイト:http://lsm-ichihara.jp/exhibition/russia

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

Bunkamura ザ・ミュージアムで「みんなのミュシャ」展を観てきた!? [美術館]

Bunkamura ザ・ミュージアムで「みんなのミュシャ」展を観てきました。

かれこれ1カ月経ってしまい、だいぶ忘れ気味。

私のあまり行かない魔界都市渋谷。こんなにビルあったっけ?

DSC_0138 (520x293).jpg

幼少のころはあんなに遊んだのに今じゃホント魔界都市。
この日は猛暑の日だったから、たどり着くまでにヘロヘロさ。
近くに用事さえなければ、絶対に立ち寄らない都市だ。

DSC_0107 (520x293).jpg
DSC_0137 (520x293).jpg

構成はこんなかんじ。

1.ミュシャ様式へのインスピレーション
2.ミュシャの手法とコミュニケーションの美学
3.ミュシャ様式の「言語」
4.よみがえるアール・ヌーヴォーとカウンター・カルチャー
5.マンガの新たな流れと美の研究

今回のミュシャは、スラヴ叙事詩的な作品はなく、アール・ヌーヴォの旗手としての彼の足跡と作品様式、彼に影響されたアーティストたち。そして最後に日本のマンガに与えた影響などがメインでした。渋谷という土地柄もあり、そういったポスター作品を中心とした感じの展示となっていました。

撮影OKなスペースもあり盛り上がって今いたよ(^_-)-☆

DSC_0133 (520x293).jpg

DSC_0134 (520x293).jpg

DSC_0122 (520x293).jpg

「Q型方式」、、そういえばこの構図はたくさんあるしなんかいい感じに見える☆

DSC_0109 (520x293).jpg


公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_mucha/

すみません。。だいぶ忘れちゃってた。
それだけ印象に残るものではなかったということでしょうか。

あ、これが一番印象に残った。(^^)

IMG_1739 (520x390).jpg

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

諸橋近代美術館で「四次元を探しに ダリから現代へ」展を観てきた!? [美術館]

諸橋近代美術館で「【開館20周年記念展 vol.2】四次元を探しに ダリから現代へ」展を観てきました。

今年も夏しか開かない諸橋近代美術館に行ってきました。
途中豪雨にあったりと、バイクだったのでかなり凹み気味。

DSC_0173 (520x293).jpg
DSC_0178 (520x293).jpg

遠景も綺麗。最近はテレビでもCM流していますもんね(^_-)-☆

DSC_0185 (520x293).jpg

まずは、慌てない慌てない一休み一休み。

DSC_0180 (520x293).jpg
DSC_0182 (520x293).jpg

だいぶグッタリしちゃって眠りそうになったので、鑑賞。
ここに来るときは去年もそうだけど、着くと疲れがどっとでます。

展示はこんな感じじゃ。

1.偏執的心象風景
2.多重的形象の世界
3.不可視的領域への眼差し
4.神秘的波動を読む

ダリの作品を上のようにカテゴライズし、そのDNAを引き継いだ現代の作家たち11人の作品とともに展示するという試みじゃ。

現代アートとのコラボは室内を不思議な感覚にしてくれます☆

公式サイト:http://dali.jp/exhibition#link01


あ、翌日は一度観たかった「さざえ堂」にいってきたよ(^_-)-☆

DSC_0292 (293x520).jpg

券買のおねいさんに「1周どれくらいで回れますか?」と聞いたら、「2,3分ですよ。」と淡泊に答えてくれましたさ☆
DSC_0282 (520x293).jpg

DSC_0286 (520x293).jpg
水がきれい。
DSC_0297 (520x293).jpg

大内宿も行ったよ。。このあとかなりヤバイ大雨にあった凹
DSC_0311 (520x293).jpg
DSC_0326 (520x293).jpg
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

笠間日動美術館で「写実絵画のいまむかし」展を観てきた!? [美術館]

会期は7月28日までともう終わってしまった展覧会ですが、笠間日動美術館で「写実絵画のいまむかし」展を観てきました。

この日は、6月からつづく土日の荒天から唯一解放された日ということで、バイクを走らせとんぼ返りしてきた。夕方からは雨予報だったのでアメッシュとYahoo雨雲をにらめっこして行ってきたさ。

最近、ホキ美術館の影響で写実作品カブレしていることもあり、どうしても終わってしまう前に行きたかった展覧会。

構成はこんなん。

第一会場 現代の写実
・女性像
・スーパーリアル
・風景
・ヌード
・伝統
山本大貴、島村信之、森本草介、上田薫など、有名な写実画家の作品が2,3点解説付きで展示。

DSC_4294 (520x293).jpg
DSC_4295 (520x293).jpg

森本草介の作品が撮影OKとなっているのは珍しく思わずパチリ。

DSC_4282 (520x293).jpg


第二会場 近代の写実
・写実画家の自画像
・技術
・五姓田一家
・美術

高橋由一の鯛
DSC_4302 (520x293).jpg

渡り廊下のカフェでひといき。
DSC_0001 (520x293).jpg

緑が映える。

DSC_0002 (520x293).jpg

階段のところも花壇が整備されていました。
DSC_0006 (520x293).jpg

全部で63点と少ない展示であったが、普段見られない写実絵画を並べて鑑賞できるのと、近代と現代の写実のアプローチの違いを堪能できたよ。

公式サイト:http://www.nichido-museum.or.jp/exhibition_archive_1905.html


==おまけ==
近くのカフェ「海のふた」というところで一休みとランチ

DSC_0034 (520x293).jpg

栗のパフェ~これが目的だったりして(^_-)-☆
DSC_0036 (293x520).jpg

帰りはちょっと早めに到着した雨との競争でなんとか帰宅☆

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

国立西洋美術館で「開館60周年記念 松方コレクション展」を観てきた!? [美術館]

国立西洋美術館で「開館60周年記念 松方コレクション展」を観てきました。
いつだったか平日に見に行ったのを記事にするのを忘れていました。
ずっとあれ書き忘れているような気が・・・と思っていたらコレでした。

DSC_4216 (520x293).jpg

昼過ぎだったので、そんなに混んでいなかった。

DSC_4163 (520x293).jpg

そもそも、松方コレクション自体は、西洋美術館の常設展示の一部といってもよいものなので、それほど目新しさを感じられないはず!というのが西洋美術館のコレクションをちょっとかじった人の想い。私もそれ。ただ、まとめてみること自体が展覧会の醍醐味でアルことを今回改めて感じました。

展示の構成は以下のよう
プロローグ
 松方の肖像やモネから直接買い付けた睡蓮などを展示
第1章 ロンドン1916-1918
 ロンドンで戦争で必要となるだろう既成ボートを先んじて作り大儲け
 友人となった画家フランク・ブラングィンの助言もあり美術館構想を膨らませる
第2章 第一次世界大戦
第3章 海と船
 元船乗りのフランク・ブラングィンの船の作品など
第4章 ベネディットとロダン
 ロダンの絵画・彫像など
第5章 パリ1921-1922
 パリに行って爆買いした作品。モネなどの印象派や後期印象派など
第6章 ハンセン・コレクションの獲得
 コペンハーゲンのハンセンコレクションを手に入れる。マネやドガなど。
 金策に困った松方は日本でこれらを手放す。
 そのおかげで財閥やらの企業にいまでも収蔵されているものを借りてきている。
第7章 北方への旅行
 ムンクなど
第8章 第二次世界大戦と松方コレクション
 第二次大戦後、日本に返還されたコレクション。
 しかし重要と思われた作品についてはパリに撮り置かれたままだった。
 それらの作品を今回展示。作品の重要性など本物を見ると伝わってくるね(^_-)-☆
エピローグ
 テレビでも紹介された、モネの睡蓮復元の画

とにかく、作品点数が多いです。155点+アルファもあるので疲れます。
それと同時に胸にあふれる感動も積もっていきますけれどね(^_-)-☆

公式サイト:https://artexhibition.jp/matsukata2019/


そのあともちろん常設展示も満喫。

いつみてもこれらの作品は観ていて落ち着く。

DSC_4166 (293x520).jpg
DSC_4167 (293x520).jpg
DSC_4207 (520x293).jpg
DSC_4208 (293x520).jpg
DSC_4212 (520x293).jpg
DSC_4213 (520x293).jpg


そして、もうひとつの展示

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち

文字通りフィンランドとの外交樹立100周年を記念とした女性芸術家の展示
「この展覧会は、フィンランド国立アテネウム美術館の企画によって欧米3都市で開催された国際巡回展をベースに、日本オリジナルの内容に再構成したものです。」だそうです。(ホームページより)

女性の画家ごとに作品を紹介している展示がいとよろし

マリア・ヴィーク
ヘレン・シャルフベック ・・この方だけは展覧会を観たことあった;;
エレン・テスレフ
シーグリッド・ショーマン
エルガ・セーセマン
シーグリッド・アフ・フォルセルス
ヒルダ・フルディーン

やさしい視点の作品が多かった。

DSC_4180 (520x293).jpg
DSC_4181 (520x293).jpg
DSC_4176 (520x293).jpg
DSC_4175 (520x293).jpg


第二展示として彼女たちのスケッチの展示

DSC_4199 (293x520).jpg

DSC_4201 (520x293).jpg

DSC_4202 (520x293).jpg

かわいらしい作品がおおかった。

公式サイト:https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019modernwoman.html

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート